MENU

どの医療保険を選べばいいのか

 

医療保険には目的やタイプによってそれぞれ自分で保険を選んでいかなければなりませんがどのタイプにしたらいいのかわからないですよね。保険に入るときには自分にあった保険を選ぶのが一番いいのではないでしょうか。例えば、定期型医療保険の場合は、保険に入るときの保険料を極力抑えたいと思っている人におすすめの保険です。また定期型医療保険は保険の見直しを小まめにしようと思っている人にもおすすめです。定期医療保険は、大体10年更新になっていますから更新にあわせて他の医療保険を考えることが出来ます。そして終身型医療保険は、一生、保障が続いてほしいと思っている人や、老後に保険料をあまり払わなくていいようにしたいと思っている人などがいいのではないでしょうか。終身型医療保険では入った当初の保険料は少し高いかもしれませんが、老後の保険料の負担を無くすことが出来ると思います。保障の事だけで見てみると一生保障される終身医療保険がいいように思えるのですが、終身型の場合は保険料が高めなのがネックになると思います。この場合終身型を半分にして、定期型を半分にして二つを組み合わせて保険に入っている人もいると思いますから上手に医療保険に入ることをおすすめします。

ガン保険

 

ガン保険について紹介したいと思います。ガン保険というのは、医療保険の中に含まれている内容ではあるのですが特にガンという病気に対して的を絞った保険といえると思います。ガン保険では保障される範囲というものが限定されているので、ガンに適している保障を安い保険料でかけることが出来るのが魅力です。また医療保険の中にガン特約としてガンにかかった場合にの条件つきの保険金給付などといったものもあります。ガン保険のほとんどの場合には、ガンと診断されれば一時金を給付してもらえるというものがあります。また、退院してからも通院給付などを受け取れる保険もあります

 

ガン保険は保険会社によっても色々と内容が違っていると思いますがガンは今三台成人病のひとつと言われていますからガン保険に入っていると安心です。ガン保険以外にも三大成人病特約にがん保険が含まれているタイプの医療保険などもあって、保険会社の保険商品の内容によってそれは色々です。ガン保険、特にガン家系の人などは入っておくと色々安心ですし、ガンは転移する病気ですから一度ガンになってしまうともうガン保険に加入することは出来ないので、ガン保険には加入しておいたほうが安心かもしれません。

保健の必要な補償額を決める

保険に入るときには必要な補償額を考えてから保険に加入することが大切です。どうやって保険の補償額を決めるのかという計算方法ですが、まずは保険に入るときには必要な生活費を計算してそれに学費を足してそこから、これから書く額をひいていきます。万が一の場合に受け取ることが出来る遺族年金を計算します。また死亡退職金や弔慰金が出る場合はそれも計算して、それに貯金や資産、妻の収入などを足してその引いた額がマイナスになっていれば保険に入る必要はないのですが+になっている場合には保険による保障がさらに必要になってきますからその分を補えるような保険に入らなければいけません。

 

きちんと計算して万が一の事があって、おりる保険金で残された家族が生活できるのか計算したうえで保険に加入しておくことが大切です。せっかく保険に入っていても、万が一の時に家族が十分に生活できない額だったら意味がないのではないでしょうか。そのようなことも考えて保険に入る前には、一度自分達の生活の中での保険の補償額を計算してみましょう。その計算によって出された額が保険で必要な補償額です。